2013年10月20日

ローマ2−3 サンタンジェロ城 【イタリア旅行記】

サン・ピエトロ大聖堂を出た我々は、広場からまっすぐ先に見えるサンタンジェロ城へ向かう。

RIMG0951.jpg

サンタンジェロ城とは聖天使城という意味で、天使というのは城のてっぺんにいる大天使ミカエルのことだ。
6世紀、ローマでペストが流行ったときに教皇がここでミカエルを見たという伝説に由来し、後世に天使像が配置された。

元々は、漫画『テルマエ・ロマエ』でも有名になったハドリアヌス帝の霊廟として作られたらしい。
つまりお墓だったわけだが、やがて要塞として強化され、今では博物館になっている。

我々はここで、ローマパスを買うことにした。
ローマパスというのは三日間有効な観光チケットで、地下鉄が乗り放題になる上に観光地が2カ所無料になる。切符をいちいち買わなくて済むというのが便利だ。

ローマ市内各地の観光スポットで購入できるのだが、サンタンジェロ城では売り切れていたため、城の外で嫁に買ってきてもらった。

城内はちょっとした迷路になっていて、ドラクエのダンジョンを想像してもらうと一番近いかもしれない。

RIMG0962.jpg

途中残念な羽の天使の前を通ると、頂上にはベスト収束を伝えた天使像が配置されている。

RIMG0964.jpg


ミカエルはキリスト教で最も有名な天使で、神の右側に座ることができる唯一の天使と言われている。
名のついた天使はたくさんいるが、実は聖書にはミカエル・ガブリエル・ラファエル以外の名前は挙がっていないし、カトリックも認めていない。
また、ユダヤ教・イスラム教においても、ミカエルは特別な位置づけになっている。

RIMG0974.jpg

ミカエルは天使の軍勢を率いる天使長として甲冑に身を包い、伝承で彼が地獄に投げ落としたとされるサタンに剣を向ける姿で描かれる。
最後の審判で死者の罪をはかる役割の象徴として、秤を手に持っていることも多い。

ジャンヌ・ダルクの夢のお告げに出てきたのも、ミカエルということだ。

ちなみにマイケル、ミヒャエル、ミハイル、ミッシェル、ミゲールなどはミカエルの各国語読み。
フランスの有名な観光地「モン・サン・ミッシェル」は聖ミカエルの山という意味で、ここにもミカエルにゆかりのある修道院が建っている。

城を出た我々は、サンタンジェロ城の前のサンタンジェロ橋を通る。

RIMG0981.jpg

ここには、ベルニーニの天使像が並んでいる。

RIMG0980.jpg

「ベルニーニはローマのために生まれ、ローマはベルニーニのためにつくられた」と呼ばれる天才彫刻家だ。来る途中で再読した『天使と悪魔』でも重要な役割になっている。

この橋では、数年前によくバンコクあたりで売られていた、べちゃっとつぶすおもちゃがたくさん売られている。
またこのあたりは警察の監視が甘いようで、黒人がブランド品のコピーを売っている。

買ったのが警察にばれると、罰金50ユーロ取られるらしい。くわばらくわばら。
posted by Magic at 22:43| Comment(1) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プッチーニのオペラ「トスカ」での最終幕。
トスカの恋人カヴァラドッシが警視総監スカルピアに騙されて銃殺で死刑になるのがこのお城です。
有名なアリア「星も光りぬ」はこの城の屋上で歌われます。
Posted by Rickyです at 2015年03月11日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。