2013年09月03日

ローマ1−4 トレヴィの泉 【イタリア旅行記】

スペイン階段を下りてさらに歩き、トレヴィの泉へ向かう。
空がだんだん暗くなってきた。

トレヴィの泉は数多いローマの泉の中でも最大のもので、中央にネプトゥヌス(英名ネプチューン。ギリシャのポセイドン。海神)、左右にケレス(ギリシャのデメテル。豊饒の女神)・サルス(ヒュギエイア。ギリシャの医神アスクレピオスの娘で、健康の女神)を配置している。

RIMG0731.jpg
▲暗くなってきたのでライトアップされたトレヴィの泉。中央がネプトゥヌス。

このように古代ローマの神々はギリシャ神話の神々と対応して同一視されているものが多い。ユピテル(ジュピター)=ゼウス、ウェヌス(ヴィーナス)=アフロディテ、メルクリウス(マーキュリー)=ヘルメスなどが有名だろう。このあたりは惑星の名前にもなっている。

本来ローマの神々はギリシャの神々と別物なのだが、神々に関する物語はほとんどギリシャからの借り物になっているようだ。

さて、トレヴィの泉にはコインを後ろ向きに投げ入れると再びローマに来ることができるという伝説があるので、とりあえずコインを入れてみた。

何を隠そう俺は10年前にローマに来たときに、コインをローマに投げ込んでいる。
今回ローマに再訪できたということは、この伝説は真実なのだろうか。

後で調べたところ、実は投げ込むコインの枚数によって効果が異なるらしい。
1枚だと再びローマに来ることができ、2枚では大切な人と永遠に一緒にいることができ、3枚になると恋人や夫・妻と別れることができるのだそうだ。

・・・知らずに小銭をじゃらっと投げ込んだ記憶があるけど、何枚入れたっけなぁ。
posted by Magic at 00:06| Comment(0) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。