2011年09月13日

ヨーロッパ旅行記【西ドイツ編】5−1 ローテンブルク

体調はかなりきついが、今日はローテンブルクに行くことにした。

目的地はローテンブルク・オプ・デア・タウバー。観光都市だ。
フランクフルト駅から往復で88ユーロぐらいだったかな。

フランクフルトと同様、ローテンブルクという都市はドイツに複数あるので、注意しないと違う街に着いてしまう。フランクフルトから行きやすいローテンブルクとしては、他に「ローテンブルク・ヴュンメ」という街がある。

ヴュルツブルグという駅で乗り換え、さらにシュタインナッハという駅でローテンブルク行きの列車に乗り換える。
車窓からの景色がだんだん田舎になっていくので、少し不安になる。

RIMG1746.jpg
▲見事に何もない風景


日本以外の国は割とそうなのだが、街と街の間というのは普通何もないのだ。
ドラクエなんかもそうだが、街を出て次の街までは草原なり森なり荒れ地が広がっている。アリアハンとレーベの間は、草原と山と森なのだ。
東京と横浜の間が延々と途切れず街になっている日本の方が、むしろ異常なのである。

ヴュルツブルグで乗継ぎが40分ぐらいあったので、駅でハンバーグを買ってみた。

RIMG1744.jpg

ここがハンバーグの語源になったハンブルクの街でないのが残念だが、一応本場のハンバーグである。

ソーセージと同様、パンに挟んでもらう。
味はソーセージにちょっと近い。ソーセージマフィンの中身みたいな。
日本人としては何かソース的な物が欲しいなぁと。若干水気が足りない。


RIMG1745.jpg

やたらイケメンのキリストのポスター。
何が書いてあるのかはよく分からない。ちなみに翌年、ヨーロッパの別の街で同じのを見かけた。

そんなこんなでフランクフルトを出て約3時間。

中世ドイツの街、ローテンブルクに無事到着した。
posted by Magic at 23:55| Comment(0) | ヨーロッパ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。