2011年07月18日

ヨーロッパ旅行記【西ドイツ編】4−5 ゲルマンローマ博物館

マインツはライン川とマイン川の合流点にある街だ。

この時点ではフランクフルト・アム・マイン、つまりマイン川のほとりを拠点に旅をしているが、マイン川はライン川の支流に当たる。

思えば旅のはじめのオランダで立ち往生したロッテルダム。
ベルギーからドイツに入って最初の街、大聖堂のケルン。
前日のライン川クルーズ。
そしてこのマインツ。

約2週間、何時間も電車に揺られ、何度も乗り換えも繰り返してきたが、気がつくといつもライン川を眺めている。
ドイツ人が「父なる川」と呼ぶライン川がいかに彼らの生活にとって大きなものかということが実感できる。

RIMG1719.jpg

ライン川沿いを歩いている途中で見つけた、ゲルマンローマ博物館なるものに入ってみる。
何と入場無料。

RIMG1723.jpg

ゼウス像やアブラクサス像があった。

RIMG1725.jpg
▲アブラクサス

アブラクサスは鶏の頭と蛇の足を持ったキリスト教の悪魔で、あの「アブラカタブラ」の語源になったとも言われている。

一方でグノーシス主義と呼ばれる神秘思想では至高神とされている……らしいのだが、調べても複雑すぎて俺には理解できなかった。「油臭す!」とかではない。

駅に向かう途中、スーパーを見つけた。
昨日から体調が悪くて仕方がないので、イチゴを購入。500グラムで1ユーロ。安っ。

他にも1ユーロショップがあったりして、高い物は高いけど安いものも結構売ってるんだなと思った。このあたり日本に似ているかも。

RIMG1730.jpg
▲1ユーロショップ


RIMG1732.jpg
▲途中見つけた和食店。東京。惜しい。なぜ京東になってしまったのだろう。。


結構頑張って歩き、マインツ駅に戻る。
するとなぜかフランクフルト行きが60分遅れという意味不明な状況。
まいったなぁ。。と思っていたら、30分後、乗るつもりだった次の電車が到着。

何事もなくフランクフルトに戻り、部屋で1ユーロのイチゴを食べるが……

RIMG1734.jpg

安かろう悪かろうを痛感。
全然甘くない。ぶっちゃけまずい。
でも贅沢は言っていられない。ビタミンを取っておこう。

しばらく部屋でゆっくりして、ホテルの近くのインド料理屋へ。
そういうと朝飯もインド料理だったな。。

RIMG1739.jpg

安いワインとベジタリアンターリーを注文。
パパドは旨かったけどそれ以外は普通だった。とはいえ、カレーは落ち着く。。

タイやらシンガポールあたりで食べるインド料理はとても美味しいが、ヨーロッパだと全体的にイマイチな気がする。

やっぱり距離と関係するんだろうか。
posted by Magic at 03:34| Comment(0) | ヨーロッパ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。