2010年07月28日

ヨーロッパ旅行記【北ドイツ編】2−7 カリーブルスト

ポツダムから、ベルリン・ツォー駅(動物園駅)で降りて、カイザー・ヴィルヘルム教会を見に行くことにした。

カイザー・ヴィルヘルム教会は日本で言う原爆ドーム的な意味合いがあり、戦火で破壊された教会をそのまま展示してある。

RIMG1418.jpg

RIMG1420.jpg
▲大きな風穴

隣には八角形の新教会があって、現在使われているのはこちら。
無料で入ることができる。

中は青いステンドグラスに覆われた異空間。正面に巨大なキリスト像が浮かんでいる。

RIMG1421.jpg

厳かというのか何というのかちょっと怖い。圧倒されるのは間違いないのでベルリンに来たら見ておくといいかもしれない。

RIMG1422.jpg

さてベルリン名物といえばカリーヴルスト。ケルンで食べたが、やはり一度亜本場で食べたい。
カイザーヴィルヘルム教会付近には数件のカリーヴルスト屋台があってしのぎを削っている。ぐるっと回って、人だかりのできている店で買ってみた。2.3E。

RIMG1426.jpg

これが予想以上に旨くてびっくり。

RIMG1427.jpg

ケチャップを掛ける前に特製ウスターソースみたいなのがかかっていて、スパイシーで奥深い。ケルンの時と違ってカレー粉も凝ってる。

カレーブルスト道、奥深いなぁ。
posted by Magic at 00:49| Comment(0) | ヨーロッパ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。