2010年06月05日

ヨーロッパ旅行記【ベルギー編】1−1 ベルギーへ

ついに三日間、一度もシャワールームの石鹸が補充されなかった。飯もつかずに一泊最大1万5千円はどこに消えているのだろうか。。

RIMG0443.jpg
▲ホテルの前にあったコーヒーショップ

さて、今日は予定通りベルギーに行く。
本当はアントワープ→ブルージュと回ってみたいが、オランダからベルギーの直通便が運休となるとちょっと厳しいかもしれない。

昨晩駅でもらった乗り換え案内どおりの電車に乗れるようにアムスの駅に行き、2ユーロで卵とハムのサンドイッチを買う。

で、予定通りホームに着くと……
いきなり昨日もらった情報と違う電車が現れた。早速不安になる。

それでも一応方向的には合っているはずなので乗ってみたが、途中の駅で何か放送が流れて電車が止まり、乗り換えさせられてしまった。ダメだ。言葉の意味が分からない。

そして乗っていた電車はロッテルダムで止まった。それっきり、動こうとしない。もらった乗り換え案内のメモはもうなんの役にも立たない。

不安になったので駅員に「アントワープに行きたいんだけど」と尋ねると「そのまま乗っていろ」と言われる。言われるがままに席に戻ったのだが、10分ほど待たされて結局駅員に降りろと言われる。乗っていた電車はそのまま回送になってしまった。

………何?
何の仕打ちだ??

ホームを出たところに駅員のおばちゃんがいたので、聞いてみた。

「アントワープに行きたいんだけど」
「アクシデントがあったから電車は動かないよ」
「え。。何時頃動きそう?」
「さぁ。。分からないけど3時間ぐらいじゃないかねぇ」

……3時間ロスは痛いなぁ。。

まぁ期待はしてなかったけど、日本の駅員のように「ご迷惑をおかけします」的な感じは全くなく、「止まってるのは私の知ったことではないけど動くまで待てばいいじゃない」ぐらいの反応しかしない。そう思うと日本の駅員は本当に丁寧だ。

さてどうしたものか。。

昨日の乗り換え案内を信じるとルーゼンダールからバスが出ているはずなので、路線図を見てとりあえずルーゼンダールに止まるドルドレヒト行きの電車に乗ってみる。うまくすれば抜けられるはず……!!

乗ってみると確かに数駅進むのだが、ロンバーダイン駅で止まった後、まさかの折り返し運転。結局ロッテルダムに戻ってきてしまった。どうやらアクシデントはこのロンバーダイン駅で起きているらしい。

この駅、一昨日キンデルダイクに行くのに降りた駅なのだが、また風車を見に行っても仕方がないので、諦めてロッテルダムで時間を潰す。

ロッテルダムはオランダ第二の都市で、ロッテ川にダムを造ったからロッテルダムという。ここはヨーロッパ最大の港町でもあり、ロッテルダム港はヨーロッパの港ということでユーロポートと呼ばれている。

パン屋でアメリカンなんとかというオレンジ色のペーストが入った謎のサンドイッチ(3.8E。かなり高い)を買ってみた。

RIMG0448.jpg

初めて食べる味だが、美味しいは美味しい。色と味を総合すると、スパイスが効いたサーモンペーストだろうか?

やっぱりオランダ語が分かった方がいいなぁ。

しばらくすると、それまで閉まっていた駅のインフォが開いた。もう一度同じ質問をしてみると「ルーゼンダールでバスに乗れ」と言われる。

言ってることは昨日と一緒だが、アクシデントの話をしなくなったので電車が動いたのかな。電光掲示板を見ると1分後発車だったので急いで乗り込む。

また折り返しにならないかと思ってドキドキしながら電車に乗っていると……

……よし!!無事ロンバーダイン突破!

3時間待たなくて良かったなぁ。

ルーゼンダール駅で降りて係員にバス乗り場を聞くと、人がわらわら集まっているところを示された。エッセン行きの臨時バス待ちらしい。

RIMG0450.jpg

全員乗れなかったら次のバス待ちだろうか……と不安に思いながら待っていたら、バスは万全の二台体制だった。無事に乗り込み、エッセンへ向かう。

ちなみにルーゼンダールはオランダの端っこ、エッセンはベルギーの端っこ。この間をバスで移動するわけだ。というわけで、何となく二カ国目、ベルギーに到着である。

ヨーロッパの国の大半は「シェンゲン協定」を結んでいて、協定国内の移動は出入国手続きが不要になっている。まるで隣の県に移動するようにノーチェックで越境できるのだ。

エッセンでまた待たされて、アントワープに行きの電車に乗り込む。
大都市間はユーレイルパスの時刻表があるのだが、さすがにこのあたりの細かい路線図とか時刻表を持っているわけではないので、結構不安なのだ。

RIMG0452.jpg

……で、ようやくアントワープにたどり着いた。長い戦いだった。。

RIMG0453.jpg
posted by Magic at 11:22| Comment(2) | ヨーロッパ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アントワープ入り、お疲れさまでした!
それにしても駅舎が美しい。
Posted by まっきぃ at 2010年06月05日 22:25
もしかしたらベルギー行けないのか?とかなり焦りました。
おっしゃるとおり、アントワープは駅舎がとても立派なんですよ。何でも「鉄道の大聖堂」と呼ばれてるとか。。
Posted by Magic at 2010年06月06日 02:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。