2010年06月03日

ヨーロッパ旅行記【オランダ編】3−4 オランダのインド料理

さて、夕食は何にしようか。

……インド料理かなぁ。

オランダは東インド会社を作っていた影響で、インド料理がそれなりに美味しいような気がするのだが、実は東インド会社の「インド」は「ヨーロッパ以外」程度の意味しかないらしく、本当にインドかどうかは怪しい。

ちなみに当時の「オランダ領東インド」はほぼ今のインドネシアにあたる。そもそも何が「東」なのかというと、コロンブスが発見した新大陸を「西」インドと呼んだ手前、本物のインドは「東」インドと呼んで区別していたのだ。実にテキトーである。

要するに単にカレーが食べたくなったので、トラムを乗り継いでライツェ広場で降り、ガイドブックに載っていたアクバルというインド料理屋に入った。ちなみにライツェ広場はアムステルダム最大の繁華街で、名前の意味は「ライデン行き広場」。キューケンホフ公園に行くときに使った大学の街、ライデンに向けた門があったらしい。写真を取り忘れたのが残念。

RIMG0430.jpg
▲アクバル

アクバルは、結構高級感溢れるインド料理屋だった。時間がちょっと早いのか、客はまだ少ない。

RIMG0435.jpg
▲店内に飾ってあったインドの神様

RIMG0431.jpg

ここではチキンビンダルー(VERY HOT)を注文。メニューにはもっと辛いVERY VERY HOTのカレーもあるし、たかが知れてるだろうと思ったのだが、これが予想以上に辛い!!

RIMG0434.jpg

ヒーヒー言いながら食べていたのだが、でもかなり旨い。ナンもトルコのパンに近くて、おいしい。すごいやアクバル。

一方でチャイはまるでダメだった。何というか、紅茶の香りがしない。詰めが甘いなぁ。

RIMG0436.jpg


RIMG0437.jpg
▲アクバルの近くにあった日本料理屋。スモーレストランと書いてある。

ホテルでちょっと休憩した後、ふと思い立って中央駅に行ってみた。
明日はベルギーに移動する予定なのだが、一度アントワープで途中下車をしたいので、ヨーロッパの駅のロッカーの使い方を見ておこうと思ったのだ。

ついでに明日の電車の時刻表を見ておこうかな。
えーと、何々……


「今日と明日はベルギー行きの国際線が走りません」


と書いてある。


は?? 


マジかっ??


もう取り立ててオランダで見るものもないし、何よりベルギーでホテルも予約済みなのでそれは大変困る。

慌てて駅のインフォメーションに向かう。英語がアレなのであまり細かい説明はできないので「明日の朝ブリュッセルに行きたいんだけど」と尋ねると、すかさず乗り換え案内的なメモを印刷してくれた。このあたり日本の駅よりも格段にサービスがいい。

もらったメモを読むと、やはり明日はベルギー直通はないので、途中でバスの振り替え輸送が入るらしい。

元々アムステルダム→ブリュッセル と直通で行こうと思っていたのだが、

アムステルダム→ルーゼンダール(鉄道)
ルーゼンダール→エッセン(バス)
エッセン→アントワープ(鉄道)
アントワープ→ブリュッセル(鉄道)

と移動しろと書いてある。
予定より1時間ぐらい余計にかかるようだ。


これはやられたなぁ。。。

まぁでも、気まぐれで駅に来たお陰で気づけたのでよしとするか。。


RIMG0439.jpg
▲駅の近くから見えた聖ニコラス教会。聖ニコラス=サンタクロースだったりする。
posted by Magic at 00:59| Comment(0) | ヨーロッパ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。