2010年05月05日

トルコ旅行記8−6 最後の夜

そんなこんなで酔いも回り、ホテルに送られる。

最後の夜なのだが、ちょっと試してみたいモノがあったので夜のイスティラクル通りへ。

屋台でムール貝を売っているおっちゃんがいて、ずっと気になっていたのだ。
「これちょうだい」と言うと、一つずつ開けてレモンを搾って渡してくれる。

生で食うのか……?と思って開いてみたら、中にはピラウが入っていた。

ピラウ自体はサラダのように冷たいのだが、貝の出汁が出ていてとても美味しい。ミディエ・ドルマスというらしい。

これはいいなぁ。。

091212_0734~001.jpg
▲暗かったのでいつもよりさらにボケてます。。

さて、夜のイスティラクル通りを散歩していると外人が話しかけてきた。キプロス出身だという。

しばらく話を聞いていたが、「俺店知ってるから、飲みに行こう」と言い始めた。
やんわり断ると執拗に誘ってくる。
「一杯だけでいいから!」「いや俺もう飲んできたし」「友達じゃないか!」

ああ、そう言う商売か。。

ムスリム商人め!

それにしても毎回毎回「My Friend」と言ってくる。

「わたしのともだち」と言ってくる商売人にロクな奴はいないことを、我々日本人はアッサラームでさんざん学んできたのだ。
posted by Magic at 01:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。