2010年03月13日

トルコ旅行記7−1 サバサンド

朝風呂に入ろうと思って水を流してみるが、いっこうに溜まらない。
よく見るとバスタブの排水溝にフタがない。

これじゃ、ちょっと広めのシャワールームじゃないか?
石鹸を駆使したりして何とかしてみたが……うーん。微妙。後でフロントに聞いてみよう……

さて、今日はホテルの朝飯はパス。
ホテルから目と鼻の先のイスティクラル大通りへ出て、坂道を下る。

目的地はガラタ橋だ。
途中、昨日買ったアクビルを忘れたのに気づく。……が、戻るのが面倒なのでそのまま降りることにした。

昨日も通ったが、イスティラクル通りはイスタンブール屈指の繁華街。朝も早い時間なので開いている店は少ないが、それでも町は動き始めている。

途中、ガラタ塔を発見。新市街のシンボルだ。高さ67mと大したことなさそうだが、新市街自体が高台にあるので遠くから見るとかなり高く見える。

091210_1550~001.jpg

ガラタ塔、ガラタ橋などの名が残っているガラタ地区は元々ジェノヴァ人の町で、今はカラキョイ地区と呼ばれていてトラムの駅名になっている。三方を海に囲まれた軍事の要所で、元々この塔も監視のために建てられていた。

目印のとんがり帽子は最近つけられたもので、塔自体も14世紀に再建されたそうだ。上の方は展望台になっていて、ベリーダンスを見られるディナーショーもあるらしい。

ガラタ橋を右に見ながら坂を降りていくと、だんだん傾斜がきつくなっていく。車も通る。途中で石畳に変わり、降りきるとガラタ橋に到着した。

091210_1558~001.jpg

ガラタ橋は金角湾にかかる橋の一つで、ホテルのある新市街とブルーモスクのある旧市街を結ぶ交通の要所だ。ちなみに西の方にアタテュルク大橋というのもある。091210_1604~001.jpg

橋は上下に分かれていて、上はトラムが走り、橋の脇には大量の釣り人が橋の下に糸を垂らしている。バケツ見ると結構釣れているように見えるが、それが餌なのか獲物なのかは不明だ。ちなみに昨日ガイドに聞いたら結構釣れると言っていた。

091210_1559~001.jpg

一方橋の下はレストラン街になっているのだが、朝なのでさすがにまだ開いていない。とりあえず上の釣り人が垂らした糸がぶらさがっていて、勢い余ってこっちに餌が飛んでこないか不安になる。

091210_1602~001.jpg

橋を渡りきったところで、やっぱり不便なのでアクビルを購入。
さて、ガラタ橋を旧市街側に渡ると、魚の焼ける匂いがする。

これがガラタ名物サバサンドだ。

なぜか旧市街側の桟橋に停まっている小さな屋根付きの船の上で、魚を焼いている。

091210_1609~002.jpg

事前情報でサバサンドは食べるべきと聞かされていたので、ホテルの朝飯をパスしてここまでわざわざやってきたわけだ。日本人がよく来るのか、「SABA SAND」と書かれた貼り紙がかかっている。

このサバサンド、焼いたサバと生タマネギ、レタスをエキメキで挟み、テーブルに備えつけてあるレモン汁をかけて食べる。

091210_1609~001.jpg

これはかなりうまい。フィッシュバーガーが美味しいんだからサバサンドが旨くないわけもない。

しかし……、はてサバってこんな味だっけ。
どちらかというと、味はアジの開きに近い気がするなぁ。
まぁ美味しいからいいんだけど。これはハマる。

さて少しガラタ橋の付近を散歩してみる。

実は昨日から街中あちこちで売られているシミット(輪っか状のゴマパン)が気になっていたので買ってみる。0.75リラ。かなり安い。そして結構でかい。

食べてみると素朴な味だがとても美味しい。中身が詰まってる感じなのでこれだけでもおなかいっぱいになると思う。
posted by Magic at 02:08| Comment(1) | トルコ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
サイト運営をしている者なのですが、相互リンクしていただきたくて、コメントいたしました。
下記のURLから、相互リンクしてもらえると嬉しいです。
http://hikaku.link-z.net/link/register.html
ご迷惑だったらすみません。突然、失礼しました。
j5pXjdfG
Posted by yujin at 2010年03月13日 07:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。