2013年08月03日

ローマ1−3 スペイン広場【イタリア旅行記】

『天使と悪魔』ツアーは続く。
地下鉄に乗って、ポポロ広場まで移動。次の目的地はサンタ・マリア・デル・ポポロ教会。

RIMG0700.jpg
ここのキージ礼拝堂の「ハバククと天使」が見たかったのだが、残念ながら礼拝堂は工事中だった。
RIMG0704.jpg

RIMG0705.jpg

ところでポポロ広場には何故かオベリスクが立っている。これは、ローマ帝国がエジプト侵攻時に略奪していった名残だという。

RIMG0702.jpg

オベリスクとは古代エジプトで作られた巨大な尖塔のことで、先がピラミッド型になっているのが特徴だ。Wikipediaによると、世界で現存する古代オベリスクは30本で、そのうち13本がローマにあるらしい。
エジプトに残っているのはわずか7本。大英博物館しかり、ベルリン博物館しかり、とかく古代エジプトの遺物はヨーロッパ各国に奪われがちだが、それだけ彼らにエジプトへの憧れがあるということなのかもしれない。

教会を出た我々は、ポポロ広場からスペイン広場まで歩くことにした。

しばらく歩いて、スペイン階段脇のバビントン・ティールームで休憩。
アイスミントティーとティラミスを注文。
RIMG0718.jpg

ミントティーが美味しかった

外に出ると、夕焼けに染まる美しいスペイン階段。
そしてここにもオベリスクが。

RIMG0719.jpg

ローマの休日でオードリー・ヘップバーンが食べていたジェラートの印象が強いが、最近は階段付近の飲食は禁止らしい。実際には、ピザを食べてたりワインを瓶で飲んでる人もいたが。

階段の上には教会があったので中に入ってみた。

トリニタ・デイ・モンティ教会という教会で、実はスペイン階段の正式名称はトリニタ・デイ・モンティ階段という。左右二つの塔が特徴で、このデザインはフランス式なのだそうだ。
posted by Magic at 03:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。