2012年12月31日

ミラノ1−1 東京出発【イタリア旅行記】

今日から9泊11日のイタリア旅行。

実は春にもポルトガル・スペインに行ったのだが、年に2回もヨーロッパに行くのは初めてだ。
というのも実は今回は新婚旅行。当然のことながら、新婦であるところの嫁が同行する。

最近はドイツ旅行で味を占めて、ヨーロッパに行くときも航空券・ホテル・鉄道など自分で手配していたのだが、新婚旅行からトラブル続出で成田離婚というのもカッコ悪いので、安心・安全を取って今回はJTBあたりのパッケージツアーで行くことに決めた。

……と思ったのだが、色々調べた結果、結局いつも通り鉄道を乗り継いで自由旅行にすることで嫁と合意した。

添乗員同行のツアーだと、どうしても、

・ガイドブックで見つけてもマニアックな場所に行けない。
・好きなものが食べられない。
・望まないショッピングに連れて行かれる。

このあたりがネックになってしまうのだ。ワガママですか。そうですか。

でも、提携土産屋の買え買え攻勢で気疲れするよりは、道に迷ったり鉄道の出発時刻に焦ったりして気疲れした方が旅っぽくてよいかなぁと。

さて、今回の旅程は成田からアリタリア航空の直行便でミラノに入り、鉄道でヴェネツィア、フィレンツェと経由してローマから成田に戻ってくる。
最近乗継ぎ便でよくスーツケースが訳の分からない場所に飛んで行ってしまうことが多いので、多少高くても直行便にはこだわった。

ちなみに、通常は東京→ローマ→東京というように到着都市と出発都市は同じというのが一般的。今回のミラノから入ってローマから出て行くようなチケットを「オープンジョー」という。航路を線で結ぶと、ジョー(あご)が開いているように見えるから、だそうだ。

前置きはこれぐらいにして、いよいよ出発である。

いつもは水天宮前のT-CATからリムジンバスで行くのだが、今回は新居から押上のアクセスがいいので、京成のスカイアクセスを使ってみた。割と便利でそれなりに本数もあるので、結構使いやすい。
https://www.keisei.co.jp/keisei/tetudou/skyliner/jp/nrt_access/index.html#access

スカイツリーのお膝元から電車に乗り、あっさり成田到着。
両替やら保険やら朝食やらあるので、さっさとチェックインしてスーツケースを預け、身軽になる。

余談だが、結婚して姓が変わる場合は、パスポートの名義変更手続きをすることになる。

通常はパスポートの2ページ目あたりに修正用の記載が入るだけだが、全取っ替えという手段もあるらしい。その場合は新規と一緒なので新規と同額(1万5千円?)かかる。
役所はこっちを薦めてくるので、気をつけたい。

ただ、この変更は必ずしも必須ではないようだ。
入籍後すぐにハネムーンに行く人も多いだろうから当たり前と言えば当たり前なのだが、別に旧姓のまま期限切れまで貫き通してもいい。

ただ、変えないとクレジットカードの名義と違ってしまったり、うちの嫁のように変えたら変えたでパスポートのサインと一致しなくなってしまったりと、中々うまくいかない。困ったものだ。


しばらくカレーが食べられなくなるので、空港内の和食レストランでカレー重を食べることにした。
嫁は鮭茶漬けを注文。すると「お茶漬けはお時間少しかかってしまいます」と言われる。
割と余裕があるので待つことにしたら、先に来たのはお茶漬けの方。
結局カレーはかなり遅かった。何なんだ。

両替は空港内の両替所で。
色々調べたのだが、やっぱりドルとユーロは日本で変えておいた方がいい。
レートは金券ショップが一番いいらしいが、銀行とそこまで大幅には変わらない。
だが現地で変えた場合は時々詐欺にあったと言っても過言ではないぐらい手数料を取られる。

本日は1ユーロ104.22円で交換。銀行だと大体、1ユーロ当たり為替相場+4円ぐらいになるようだ。
また、旅行保険は11日間で4900円ぐらいだった。実は窓口で交渉すると安めの商品を見せてくれる。

というわけで準備も完了し、飛行機へ乗り込む。
予定より20分遅れて離陸した。
一応ハネムーンと言うことで窓際席を割り当てられたのだが、羽根が邪魔で特に外はよく見えなかった。なんなんだ。

昼食はハネムーンミール。
他の乗客より少し早めに提供され、中身もステーキなんか入ってたりしてちょっと特別感がある。
デザートもちょっと豪華。といってもそこまでいいものではない。あくまでエコノミークラスの機内食だ。

機内では、映画「テルマエロマエ」を観た。
これからイタリア入りする我々にはもってこいの映画だ。

『天使と悪魔』を読みながらローマの予習をしていると、やがて飛行機はミラノ・マルペンサ空港に到着する。
posted by Magic at 20:57| Comment(2) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。