2010年12月31日

ヨーロッパ旅行記【西ドイツ編】2−1 フランクフルトのフランクフルト

帰れずのフランクフルト1日目。

初めてのホテル朝食。
夜が遅くて疲れていたので、丁度良かった。

しかし、レストランの雰囲気もどことなく慌ただしい。
旅行者が多いと言うことは、多かれ少なかれ今回の空港閉鎖の影響を受けている人が多いと言うことだ。ノートPC持って色々調べてる人が多い。

フロントのPC画面には、イラだった表情で携帯を片手に何かまくし立てている女性がアクセスしている航空会社のウェブサイトが表示されている。

とりあえず今夜はいいとしても、明日はここに泊まると一泊2万円取られるので、他の宿を探さなければならない。部屋に戻ってExpediaからいいホテルを探す。急な状況の変化にも対応できるように、駅の近くは譲れない。それからもちろん、ネットもだ。

すると、やけに条件のいいホテルが見つかった。
コンチネンタル。4泊すると40%オフ。丁度延泊4泊は確定していたので、渡りに船だ。

よし。まだツイてる!

ホテルの予約を入れ、とりあえず悩んでも仕方がないので、ふらふらとレーマー広場へ。

RIMG1545.jpg
▲カラオケハウス。「カラオケディスコ」と書かれている


せっかくフランクフルトに来ているので、行列のできる売店でフランクフルトソーセージを食べることにした。

RIMG1549.jpg


RIMG1550.jpg
▲付け合わせのポテトはマッシュポテトと思いきや、ポテトサラダなのでつめたい。

フランクフルトソーセージは、ドイツではフランクフルターブルストという。

日本の規格では、ボロニアソーセージ>フランクフルトソーセージ>ウィンナーソーセージ と太さによって呼び方が変わるが、本場のフランクフルターブルストは……特にこれといった特徴がない。

今までさんざん食べてきたソーセージとの違いは、長くてボイルされた状態で出てくるというところだろうか。

ソーセージを食べた後、街の中心部をうろうろしてみる。
穴が開いたデパートがあった。デザインがすごい。

RIMG1556.jpg

ちょっと感動したので中に入ってみる。

RIMG1558.jpg

RIMG1557.jpg

すっかり忘れていたが、今日は日曜日。そして日曜は基本的にあらゆるお店が閉まっている。
ドイツ人もまじめなイメージがあるが、それでも日曜はデパートだって休むのだ。

日本人働き過ぎ。だからといって、日曜日にデパートが閉まってたとフザケンナと思うんだけども。
posted by Magic at 22:25| Comment(1) | ヨーロッパ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。